元営業マンの、「子育ては天職です。」

お客様の事を考え、提案し、受注する。そしてお客様に喜んで頂く。そんな営業のお仕事が大好きだった私。現在は家庭を護るのがお仕事。「子育ては私の天職です。」

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの好き嫌いは、親の影響?

2005年に成立した【食育基本法】、ブームも去り今は随分定着してきた感がありますが、我が家もご他聞もれず、【食育】を意識し日々過ごしています。


長男の離乳食を始めた頃は、離乳食<おっぱいで、頑張って準備した離乳食をなかなか食べてもらえず悩みました
。ですが、歩くようになり運動量も増えると自然と食事量も増え、現在は小食の大人くらいはペロリと平らげてしまうほどになりました。毎日、毎食「おいしーねー」と言ってくれ、食卓は笑顔でいっぱいになります


そんな今晩のメインは、豚の角煮でした。人参・大根も一緒に圧力鍋で煮込み、味もしっかり染み込んでとても美味しくできました


ですが、今日の私は少しドキドキ・・・。 長男、半年くらい前からずっと、柔らかすぎるものは食べない傾向があるのです。丁度、歯が生え揃ってきて、噛み応えのあるものをしっかりと噛むのが楽しくなってきたようで、特によく煮た大根はいつもべーっと出してしまっていました。


「大根、味染みてておいしー」と私が食べていると、

「だいこん、おいちー?」と言って、長男もパクッ。

「んー!おいちー


凄く、喜んで食べてくれました。もう、嬉しくて、嬉しくて。


どうしても子どもって、成長に合わせて歯が揃っている時期とそうでない時期があるし、いろんな味や食感に触れていく中で、好き/嫌いというより、食べ易い/食べずらいで食べたり食べなかったりする気がします。


味が染みこんだ、食べるとじわっと汁気がでてくる、そいういう食感にも対応できる時期が来たんだな、と思いました。


そして、ここまで来る間に「この間は食べなかった=嫌いなんだ!」と勝手に決め付け「大根嫌いだもんねー。」とか、本人に言わなくて良かった、と心から思いました。


周りの大人が先入観で「A君は△△が苦手」とか、「食べられない」って言ってしまうと、いつか本人の身体的には食べられる状態になっても、気持ちが食べようとしなくなる気がするんです。


子どもは親の影響を多大に受けるんだから、子どもの食を守るべき親が、子どもの食への興味を損なうような言動をとってはイケナイのではないか。と強く思います。


===============

2ヶ月ほど前の話、いつも遊びにいっている児童館にお弁当を持っていきました。ランチタイムには図書室からテーブルを自分達で持ってきて、来ていた親子5組でお弁当を食べました。


その中の1組の親子が揉めています。息子さんは食べるより遊びたかったらしく、走り回っています。

お母さんは息子さんに「ご飯食べなさい!」と言っています。何度息子さんに「食べなさい!」と言っても息子さんは聞く耳持たず。終いには、「ご飯食べないと帰るよ!」って言っていました。結局ほとんど食べず、「まぁ、1食くらい食べ損ねても大丈夫だよねー。」と言って諦めていた様子でした。

少しして、お母さんがご飯食べ終わって、デザートにぶどうを持ってきていたので食べようとしたところ、息子さんを呼びとめ、「A君、ぶどうあるよ!食べる?」と聞きました。
息子さんは走り回るのを止め、ぶどうを一房食べてしまいました。

そして、お母さんが一言、「この子、フルーツには目がなくてー

================

いろいろな矛盾を感じました。

難しいところだとは思いますが、「ご飯を食べないと帰る」と言っていたのに、そうしないのは、一種の嘘なんではないかと思います。内容はどうであれ、嘘をつくということは、誠実さに欠く行為なのではないでしょうか。

そして、ご飯を食べていないのに、ぶどうは食べさせる。甘くて美味しいぶどう、ニコニコパクパク食べる姿は可愛くて、ついつい多くあげたり、メインのご飯を食べていないということも忘れてしまうかもしれませんが、それって本末転倒ではないのか?と。

色々、考えるキッカケになった一件だったので、すごく印象に残っています。



7歳までに口にしたものが、その後の人生の味覚のベースとなる。
7歳までにジャンクなものを多く食べていれば、それを好む人生になるし、
7歳までに家庭の味に慣れていれば、大人になってもそれを好む人生になる。


そんな話を昔、主人としました。
7歳というのが何を根拠としたものかは分かりませんが、感覚として、深く共感できます。


息子達は現在2歳と0歳。
味覚の好みやセンスは、今の私のさじ加減次第。であるならば、健康な大人になってほしいから、和食基本の薄味が家庭の味になるように、毎日お料理していきたいと思います。(気張りすぎずに・・・




☆ランキング参加中です☆1クリックお願いします☆
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovemic.blog134.fc2.com/tb.php/95-915032e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

自己紹介

バレリー

Author:バレリー
1983年、北海道出身。札幌でちょっぴりやんちゃな青春時代を過ごし、20歳の時上京。
ベンチャー企業でバリバリの営業マンをしていました。

世界一素敵な男性に出会い、運よく結婚☆
2008年、長男誕生☆
2010年、次男誕生☆

主人は忙しくほとんどお家にはいませんが、家族4人ハッピーな毎日をおくっています^^



家族の健康は【食】から

◎パルシステム◎

低価格・高品質なパルシステム。野菜のうらごしや赤ちゃん用のこうどんなど、離乳食つくりにはとても便利で助かっています。

◎らでぃっしゅぼーや◎

有機・無添加野菜なららでぃっしゅぼーや。野菜の味が濃い!!!今なら4週間キャンペーン中。

◎Oisix◎

テレビ放映でもお馴染み、Oisix。おためしセット返金保障付き。

◎無農薬野菜のミレー◎
産地直送、お手軽価格。お試し野菜2,400円相当が1,575円のキャンペーン中。


楽天おすすめ商品



私のお気に入りSHOP

◎爽快ドラッグ◎
楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2009!12月25日まで2,480円で送料無料!日用消耗品はここで揃えています。

◎トイザらス・ベビーザらス◎
かさばる紙オムツのまとめ買いならココ!4,900円以上で送料無料。


漫画1冊から送料無料!発売日当日に届きます。新譜CDが15%OFFだったりもするのでとてもお得です。


最新記事

 

おすすめ育児本

子どもが育つ魔法の言葉
「子は親の鏡」その本当の意味とは?子育てだけではなく人付き合い全般の根幹にあるべきものだと思います。

ポジティブ・ディシプリンのすすめ
壁にぶつかった時に問題解決の糸口になりえる子育てガイド。20歳になった時、自分自身で問題解決できる子に育ってもらうために。

お母さんはしつけをしないで
衝撃的なタイトル(?)なこの本。何より愛情が大事だと改めて気付かせてくれる本。

子育てハッピーアドバイス
子育てハッピーアドバイス(2)
子育てハッピーアドバイス(3)
人気シリーズの子育てハッピーアドバイス。肩の力が抜けます。


検索フォーム

カテゴリ

今日のできごと (21)
日記 (17)
小さな幸せ (3)
生活リズム (17)
長男のお話 (14)
次男のお話 (12)
しつけ (5)
育自 (3)
布オムツ (3)
トイレトレーニング (3)
未分類 (0)
英語教育 (2)
教育 (1)

幼児用教材

◎えいごであそぼ◎

クリスマスキャンペーン5大特典付き。NHK教育でおなじみのケボ&モッチと一緒に英語が学べる楽しい教材。

◎ヨコミネ式◎

子どもの可能性を引き出し、伸ばしてあげる。そんな教育の超実践法。行き詰ったら何かのヒントになるかもしれません。

◎七田式幼児教育◎
右脳・左脳をバランス良く刺激し才能をのばす七田式。


簡単★お小遣い稼ぎ

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
楽天、ヤフーなどでネットッショッピングした際、購入金額の1%が溜まります。その他ゲームやアンケートなどでも簡単にお小遣いが稼げます。300円から換金可能★

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。